高齢出産のメリット、デメリット

こどもを授かるか授からないかは、人生設計の中で大きな出来事です。

私は現在51歳、ママになって8年目。

保育園の年長さんと、小学2年生の男の子を育てています。

現時点で思う高齢出産のメリットデメリットをお話します。

私が感じる高齢出産のメリット・デメリット

メリット

  • 年齢的に収入が上がっているので、金銭面で余裕がある
  • 心配だった年下のママ友付き合いは、こどもが同い年という共通話題があり、年齢差は気にならなかった
  • 精神面は人生経験がある分、子育てであまり慌てないかも??
  • 小さいこどもを育てると、自分も若くいられる

デメリット

  • 長男を出産時、親が75歳を超えてすでに高齢だったため、子育てを手伝ってもらえなかった
  • 乳幼児の子育て、親の介護、自分の更年期が重なった
  • 乳幼児期、自分の体力がないため、ヘトヘトだった
  • ママ友がみんな年下で話が合うか不安だった

結論

若くして出産するのも高齢で出産するのも、子育ての大変さはみな同じ。

高齢だからどうとか、若く産んでいればどうとかあるかもですが、正直どちらもメリットデメリットがあり、人それぞれ、性格、環境、その時の状況が違うので、結局は自分のタイミングで産むのがいいと思います。

若くして産むか、高齢で産むかの一番の違いは、体力面、精神面、じいじとばあばのサポートが得られるかどうかの違いかなと思います。

とはいえ、どれも個人差が大きいので何とも言えません。

わたしの場合

私は、結婚後なかなかこどもを授からず、不妊治療を受け、結果的に高齢になっちゃいましたが、今思えば、自分は高齢で産んでよかったと思ってます。

体力が落ちてるので、こどもにちょこまか動かれるとついていけず、自分の子をママ友に追いかけてもらってました(^^;

でも、私も頑張って追いかけるうちに、体力がついてきて、ダッシュできるようになりました。

二人目を出産して、めっちゃ体が辛い時がありました。

授乳で夜中も起きていたし、単純に体力が消耗してこともありますが、今思えば更年期だったんだと思います。

今も年齢的には更年期なんですが、今は調子の悪いところは全くありません。

食事に気を付けるなど、生活習慣を改めれば、更年期はあまり心配する必要はないと思っています。

私は、こどもにとって若いお母さんでいてあげたいので、なるべく見た目を若く保っていたいなと思い、美容や健康に気を配っています。

おかげで、すでに成人しているこどもを持つ友人と比べると、実年齢より若く見られます(^^)

まとめ

子育ては一大プロジェクト。

すぐに結果が出るものではなく、自分の人生をかけて一生こどもに誠心誠意向き合っていくしかなく、こどもを育てるうえで、親である自分の年齢はあんまり関係ないのかなと思います。

それに、人と比べても仕方ないですし。

できることはするけど、できないことはしない。

完全に開き直ってます(*^^*)

こどもにとって、精神面、金銭面で頼れる親でいたいなあと思ってます。

コメント