生きるのがツラいと思う方へ

メンタルを強くする

様々な理由で生きるのが辛くなる人がいます。

コレと言った理由はないのに(あえて言えば自分の性格?)、精神的にキツくなってしまうことがあります。

この理由をズバリ言います。

自分を生きづらくさせている原因は「自分のプライド」です。

自分のプライドを手放してください。

プライドを手放すと、ものすごく楽になれます。

例えば、次のことをしてみてください。

  • 自分の非を認める
  • 自分のバカさ加減を認める
  • 自分が無知だということを認める

人は、自分に嘘がつけません。

自分のことは、自分が一番よく分かっています。

自分は、ダサくて、バカで、しょうもなくて、みっともなくて、ずるくて、意地悪で、自分のことしか考えてなくて、優しくなくて、飽きっぽくて、誰にも愛されないような、バカ野郎だということを自分では、ちゃんと分かっています。

でも、自分がこんな人間なんてなかなか認められません。

人にそんな自分だとはバレたくなくて、必死に自分を繕います。

だから、疲れるんです。

なので、自分を繕うことをやめます。

すると、めっちゃ、ラクになれます。

めちゃめちゃ、元気になれます。

人に自分の悪いところを指摘されたら、「そうなんだよ、嫌だよね~!」って言ってみてください。

いさぎよく自分の非を認めてください。

最初はものすごく抵抗感があるかもしれません。

逆切れしたり、自分を擁護する言葉が出そうになります。

でも、その気持ちをグッと抑えて、自分の非を認めることを、数回やり続けてください。

すると、めちゃめちゃ、ラクになれます。

気持ちや自分のうつわが大きくなったのを感じられます。(自分で「器がでかい」なんて言うのもなんですが・・)

自分の気持ちの変化なので、表面上は何も変わらないし、性格も見た目も何も変わってないんですが、

ココロがものすごく変わります。

人に何を言われても、何を思われても、平気になります。

いい意味で開き直れます。

人にバカにされたって、人にくだらないと思われたって、そんなことは、本当は、自分の人生においては、どおでもいいことなんです。

大事なのは、あなた自身です。

あなたが、楽しく、自分の人生を生きることこそが、大事です。

自分が自分を大事にしてあげることが、何よりも先にすることです。

そうすれば、精神安定剤もいりません。

ビールも、タバコも、甘い食べ物も、いりません。

ストレス解消に、お買い物をすることも、流行を追って服を買うことも、いりません。

何が、自分にとって大事なことなのか、よーく考えてみてください。

人と自分を比べたり、人と対立したり、誰かをいじめたりって、意味ありません。

今、ココロが苦しなら、とことん、自分のことを思いやってあげてください。

具体的には、次の3つをとことんやってください。

  • 太陽光にあたって、お散歩してください。
  • 砂糖断ちをしてください。
  • 自分の好きなことだけをし続けてください。

そうすれば、人生が変わってきます。

それでも、自分の非を認められない人は、とことん「自分を大切にする」ことをすると、比較的ラクに非を認めることができます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

⇒ 混沌とした今だからできる鬱(うつ)の治し方

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました