元気になれるマインド

愚痴を言うことでストレス発散すると損をしてしまう理由

更新日:

幸せ

私は、今年で51歳になりました。

私は、文句や不満を言うのが常でした。

嫌なことがあると、文句、不満、愚痴、悩みを言っていました。

ストレスを溜めるのは良くないので、

友達に愚痴るのが一番だと思ってました。

確かに、頭の中でうじうじマイナス思考のループにはまるよりはマシです。

でも、根本的に解決しなければ、また同じことを繰り返します。

50歳になるまで、嫌なことを愚痴ってストレス発散していました。

その結果、私に何が残ったか。

何も達成しない、何の変化も起きない、何も変わらない毎日。

何も変わらなく、現状維持できていればいい方で、

現実は、状況が悪くなったり、自分が劣化しています。

加齢しているので、劣化するのは当然です。

ただ時間が経過しているだけ。

それでは、人生がつまらない。

人生がおもしろくない。

ただの時間つぶし。

生きている意味が特にない。

自分の人生を変えたいと真剣に思うなら、

自分が満足いく状態に、自分の力で変えるのがいいです。

不満があるなら、その不満の原因を探り、自分が行動して変えていく。

ただ座って文句を言うなんて、こどもでもできます。

大人のやることではないです。

最近、学生時代の友達に会いました。

彼女は不満や文句ばかり言ってました。

言いたくなる気持ちは良く分かります。

私もずっとそうだったので。

でも、不満や文句ばかり言っていても、何も変わりません。

彼女は、変わってませんでした。

最後にあった、10年前と同じでした。

もう50歳なんだから、いい加減気が付かないとです。

不満や文句を言って、何か状況が良くなりましたか?

今まで、散々不満を言ってきても、何も変わらなかったですよね?

そんな人は、今後も変わることなく、「損な人」になりかねない。

死ぬまで、努力しましょう。

死ぬまで、勉強しましょう。

死ぬまで、本を読みましょう。

死ぬまで、情報を取りに行きましょう。

お金も、学歴も、人脈も、何もなくても、情報を入れることで、人生が変化していきます。

まずは、不満を言ことに貴重な時間を使うのをやめましょう!

今あなたがしているその行動、将来の自分のためになっていますか?

理想の自分に近づいていますか?

無駄なことに使う時間は、もう50歳にはありません。

と言いつつ、

私も、無駄なことをたくさんしてしまいます。

でも、唯一、無駄でもいいなと思うのは、

心から楽しいと思う事をしているときです。

私は、今、アメリカのドラマ「SUITS」にはまってます。

主役のハーヴィー・スペクターが、めちゃイケメンで、背が高くて、胸板厚くて、頭がキレて、優しくて、めちゃくちゃカッコいいです。

彼は不満なんて言わない。

トラブルにぶち当たっても、気持ちを切り替え、次の手、また次の手を考えていきます。

ドラマに何時間も時間が費やしてしまうなんて、時間の無駄とも言えますが、自分が超絶楽しいと思うなら、それはアリだと思ってます。

というか、人生をとことん楽しむことが、生きている意味だと思ってます。

人生は楽しんだものが勝ちです。

人生は、自己満足です。

人に、良く思われようと、

人に、うらやましがられようと、

真面目に常識を守って行動しようと、

自分が満足できなければ、あまり意味がありません。

人に良く思われても、悪く思われても、自分の人生の足しに、あまりなりません。

他者中心ではなく、自分中心に行きましょう。

結論

不満、文句を言っても、人生は何も良くなりません。

でも感情的に鬱積してこのままでは前向きになれないなら、

友達に愚痴ましょう。

愚痴って気が済んだら、

原因を解明し、解決するように行動しましょう。

行動しなければ解決できないなんて、至極当たり前のことですが、

現実は、行動に移せていない場合が多いです。

自分の目的を常に心に置き、今しているこの行動は、自分の目的のための行動なのか常に自分をチェックしましょう。

50歳だから、もう変われない?

そんなことはありません。

人は生きている限り、成長し変化し続けることができます。

今日もよい一日をお過ごしくださいませ!!

  • この記事を書いた人
たえ

たえ

東京在住。二人の息子(小2と年長)夫と暮らしています。こどものこと、家事のこと、日々のことを書いています。お付き合いのほど、どうぞよろしくお願いします。

-元気になれるマインド

Copyright© アラフィフ主婦の子育て自分育て日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.