幼児を連れての湯河原温泉1泊旅行。食事処と立ち寄りスポットをご紹介します。

生活を見直す

ゴールデンウィークの後半に、家族で湯河原温泉に行きました。

東京から車で2時間。

湯河原は熱海の手前にあり、自然あふれる静かな温泉地です。

湯河原温泉おすすめ立ち寄りスポット

GW中に車でお出かけと言えば、怖いのが交通渋滞。

渋滞にはまらないように、朝5時半に家をでました。

途中、東名高速「海老名SA」の手前など2回ほど渋滞にはまりましたが、なんとか流れていて、湯河原に8時頃、到着しました。

真鶴ブルーラインを降りてほどなく進むと、大通り沿いにバーミヤンや夢庵が集まる地域があったので、まずは朝食をいただくことにしました。

夢庵に入ろうとすると、なんと閉まってる(汗)

11時の開店でした。他のお店も同様で、唯一開いていたマクドナルドに入りました。

朝マックを堪能し、その足で、幕山公園に向かいました。

アスレチック、トレッキング、バーベキューが楽しめる「幕山公園」

マクドナルドをでて、車で10分ほどで、幕山公園に到着しました。

私たちはアスレチックを目的に幕山公園に来ましたが、着いてみると、軽装なのは私たちくらいで、トレッキングやバーベキューを目的とした山登り用の装備をされてる方やバーベキューの荷物をお持ちのファミリーを多くみかけました。

朝の9時、アスレチックをする人はまばらで、GWとは思えないほど空いており、ほとんど貸し切り状態でした。

 

135号沿いのお蕎麦屋さん「蕎麦厨房 岩戸屋」

行きたかったお店が見つけられず、食べログで調べ、急遽決めたお蕎麦屋さん。

口コミ評価は3でしたが、行って大正解。

天ぷらはサックサク、アジの身がふっわふわ、お蕎麦は細麺でシコシコツルツルして、そばつゆも、蕎麦湯も、めちゃくちゃ、おいしかったです。

 

お店の奥には、子連れに嬉しいお座敷が3卓あり、靴を脱いでゆっくりできました。

お蕎麦が苦手なこどもに、お蕎麦なしのお子様ランチがありました。

セルフで、お茶、コーヒー、紅茶が飲め、食後にゆっくりいただきました。

チョコミントのソフトクリーム(300円)は入れ物がチョコ味のワッフルになっていて、最後までおいしく、こどもも大満足でした。

海岸通りの比較的交通量の多い場所にお店がありましたが、店頭に、誘導してくださるお店の方がいらっしゃるので、車も入れやすかったです。

足湯のある「万葉公園」

万葉公園入口に駐車場(普通車1時間100円)があります。

湯河原駅からバスでも来れます。

ここから階段を上り、万葉公園に入っていきます。

あちこちに「ほたるの里」と書かれた柱がたっていました。

6月上旬から中旬にかけて、ほたるが見れるようです(^^♪

きっときれいなんでしょうね☆見てみたいなあ。

万葉公園の一番奥に「独歩の湯」という足湯の施設があります。

足湯の中は撮影禁止だったので、写真が撮れませんでした(>_<)が、すご~く気持ちよくて、こども達に好評でした。

公園入口にある建物に、お茶屋さんがあり、お茶をいただきました。


(和菓子付き抹茶1杯500円)

お茶屋さんのお庭の藤棚が、ちょうど満開でした。

湯河原名物「担々やきそば」

辛みのあるやきそばが、ご当地グルメみたいです~。

2日目のお昼に食べて帰りたいと思ったのですが、帰りの交通渋滞が怖くて、宿の朝食を食べた後、お昼は食べずに、東京に向かいました。

本当は食べたかった~!

次回来るときは食べます(^^)/

湯河原の超有名ラーメン店

本当はここに行ってみたかったんです。

朝7時から1時間ごとに当日整理券が配布されるらしいのですが、朝から長蛇の列らしいのです。

口コミ情報でスミマセン。結局行けなかったもので(汗)

テレビでも出たらしいです。めっちゃおいしいらしいです。(らしい連発でスミマセン)

食べログのサイトはこちら→「らぁ麺屋 飯田商店」 塩がおすすめらしいです

まとめ

湯河原は小さい街ですが、東京から近く、自然にあふれるとてもいい所でした!

今回の旅行で行けなかったスポットがたくさんあるので、また計画を立てて行きたいと思ってます!

次回は、担々やきそばと、飯田商店のらあ麺を食べてきます(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました