習い事のやめ時。「ピアノをやめたい」と言う息子に返す正解は?

長男は年少さんだった3歳の頃からヤマハ音楽教室に通わせています。

週に1度通っています。

ピアノは夫の担当。

元々、夫が習わせたいと言い出し、教室への送迎や、家での練習のほとんどを夫が付き添っています。

物心つく前から習わせていたので、ピアノを練習するのは日常の一部になるかなと思いましたが、そうはなりませんでした。

こどもは遊ぶほうが好きです。

練習になかなか気持ちが行きません。

怒ったり、なだめたり、ゲーム感覚を導入したり、できたら褒めると、こどもは、なんとか親の言うことを聞いて、頑張って練習してくれていました。

今朝も、いつものように朝練の為に息子を起こしました。

寝起きのこどものウォーミングアップ代わりに、夫が先にピアノの練習を始めてしました。

夫が、こどもに「やろうか」と声をかけると、「やりたくない」と返事が返ってきました。

こんなことは初めてでした。

いつもは、ぐずぐずしながらも、黙ってイスに座り、曲を弾き始めます。

でも、今日は、はっきり「やりたくない」と言いました。

「やりたくない」の言葉に強い意志を感じました。

夫は動揺しているように見えました。

微妙な空気が流れ、沈黙が続きました。

その空気から逃れたかったのか、夫は「眠いか、もうちょっと寝るか」と言い、2人は寝ました。

長男はあまり自分の意見や気持ちを言わない子で、周りに合わせるタイプです。

こんな風に言うのは初めてだと思います。

よっぽど嫌だったのか、本当に眠かっただけなのか、、、。

真意は分かりませんが、「本当にやりたくない」のかもしれません。

もし、これが「本当にやりたくない」のなら、自我が芽生えた証拠ですね。

小2になると、こんなことも起きてくるんですね。

こういうことは小3で来るのかな?と思ってましたが、案外早かったです。

1年生の時とあまり変わらない感じでいましたが、成長してるみたいで、私は嬉しいです(^^)

一方、次男は最初から「嫌なことは嫌」というタイプで、そもそも我慢してないです。

自由な次男に長男も感化されたかもしれません。

自分だけ我慢するなんて、つまらないですもんね。

今後、ピアノを継続させたい夫がどう出るか。

明日の朝練は、するのかな?

とりあえず、朝、起こすかな。

無理強いはできないですね。

私自身、人から強制されるのは大嫌いなので(^^;

後日談(あれから1週間経過)

ピアノは継続しています。

「辞める」と言った翌日、私が息子に「やめたいの?」と聞くと、その言葉を打ち消すように、夫が「(こどもにむかって)眠かっただけだよね、(わたしに向かって)何言ってるの?」と、息子の返事を待たずに、言葉をかぶせてきました。

こどもは、「そうだよ」と言って、夫の言葉に導かれてしまいました。

ああ、こうやって、自分がやりたくないことを継続するはめになるんだよなあ。

本当にやりたいことに、時間や力を注げられずに、才能の芽が摘まれていくのかなあ・・と思いました。

アダルトチルドレンだった私の経験から、そう思ってしまいます。

こどもが嫌がっているのに、自分の趣味や思いに、こどもをつき合わせる親って何なんでしょう。

理解不能です。

とはいえ、継続すること自体はいいことなので、こどもが「やる」という間は応援したいと思います(*^^*)

コメント