おでかけ・旅行 お役立ち情報 レジャーグッズ 備忘録

子連れ(4歳と6歳)家族旅行に持って行きたい厳選もちものリスト

更新日:

 

我が家は、この夏、3泊4日で北海道に行ってきました。

持ち物を厳選して持っていこうと思いましたが、結局大型のトランクケースは、持ち物でいっぱい。

旅行から帰ってみれば、半分くらいは使わなかったものでした(汗)

荷物が多いと、重くて運ぶのに疲れるし、整理整頓に結構な時間がとられてしまいます。

最終日の夜は、増えた荷物を収納するのに2時間くらい時間をとられました!

こどもが小さいと荷物が多いのも仕方ないですが、少ない方が身軽でパッキングに時間をとられず、すぐに物が見つかるので、おすすめです!何かなくても、いざとなればコンビニで買えばいいし、何かで代用することを考えるのも旅の醍醐味です。

今回の旅行の反省点を含めて、子連れ旅行におすすめの持ち物を書いていこうと思います。

我が家特有の持ち物もあるので(こどもが車酔いするなど)、不要なところな抜いてくださいね!

 

子連れ旅行(年中さんと小1)の持ち物リスト

基本的なもの

  1. 着替え 宿泊数分(こどもは+予備)
  2. パジャマ(我が家はTシャツとズボン)
  3. ハンカチ(宿泊数分)
  4. 箱ティッシュ(ビニールタイプだとコンパクト)
  5. ウェットティッシュ、おしぼり(さっと拭けて便利!)
  6. ビニール袋(ゴミ、汚れ物、濡れたものを入れる)
  7. ペットボトルの飲み物(空いたものも取っておくと、コップ代わりに使える)
  8. ダブルクリップ(食べかけのおやつの袋を閉じる)
  9. 耳かき、爪切り(フッとしたとき、使いたくなる)
  10. 筆記用具(ボールペン、マーカー、黒の油性ペン、赤のサインペン)
  11. 圧縮袋(小さめの大きさがベスト。洋服を圧縮してしまえる)
  12. 充電器(カメラ、スマホの充電に)
  13. 財布、スマホ、鍵
  14. 旅行最終案内書、飛行機、電車のチケット、割引券
  15. 旅のしおり(自作)

こどもならではのもの(年中と小1)

  • 歯ブラシ、歯磨き粉(ホテルでこども用がないときに)
  • ウノ、トランプ(毎晩というか、朝もウノで遊んでました!)
  • 飴、ガム、グミなどの小さいおやつ(ポテチなどは車の中で散らかる)

卵アレルギーの長男用

  • エピペン
  • 肌の保湿クリーム

車酔いのある長男用

  • 酔い止め(飴タイプだと、こどもが喜んで飲んでくれる)

  • 着替え一式(洋服が汚れるので)
  • 捨ててもいいタオル(汚物を拭きとる用)
  • ビニール袋(汚れ物を入れる)

夏の旅行に

  • かゆみ止め
  • 虫よけスプレー
  • うちわ
  • ひんやりタオル(今年の夏は暑すぎて、ひんやり効果感じられず)
  • 帽子(帽子嫌いで結局あまりかぶらず)
  • 虫よけベープ(部屋に蚊がとんできた時用。私は不要だと思ったけど、夫が頑固に持っていきました。結局使わず)

プールに入るなら

  • 水着
  • 浮き輪(大人用も。あると浮かんでいられる)
  • バスタオル(宿泊先のホテル内あるプールがあるなら不要)
  • ゴープロ(スマホに防水カバーは水没の危険あり)

  • コンタクトレンズ(眼鏡は水没の危険あり。無くしたとき探すのが大変)

あると便利

  • 洗濯グッズ(洗剤、洗濯ロープ、洗濯ばさみ、小さい洗濯干し)
  • 置時計(旅館の部屋に時計がないので)
  • 一眼レフカメラ(持ち歩いたら重かった!取り扱いも気を使いました)

まとめ

カッコ書きで簡単に、持っていかなくてよかったと感じたもの、逆に持っていってよかったなどの私の主観を書きましたが、それぞれもうちょっと深堀りしたいので、別記事で書いていきますね!

  • この記事を書いた人
たえ

たえ

東京在住。二人の息子(小2と年長)夫と暮らしています。こどものこと、家事のこと、日々のことを書いています。お付き合いのほど、どうぞよろしくお願いします。

-おでかけ・旅行, お役立ち情報, レジャーグッズ, 備忘録

Copyright© アラフィフ主婦の子育て自分育て日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.