プロフィール

こんにちは。

このたびは、ブログにお立ち寄りくださいありがとうございます。

私は「たえ」と申します。

小学校2年生と年長さんの二人の男の子を育てています。

37歳で結婚し、40歳を過ぎて不妊治療を始め、2年後に妊娠、高齢出産しました。

出産後、時短を活用しながら正社員として働き、二人目出産後も復帰しました。

しかし、元来の要領の悪かった私は2人の育児で忙しさが2倍以上になり、行き当たりばったりの余裕のない生活になってしまいました。

そんな折、勤めていた会社の業績が悪化、私は関連会社に転籍になり、全く新しい仕事を一から覚えることになりました。

そこでの仕事は、内向的で発達障害気味の私には、全く向かない電話での業務でした。

新しい環境に慣れず、心開ける人に会えず、会社に溶け込むことができませんでした。

家に帰ると、当時2歳と4歳の育児と家事で精一杯、家で落ち着いて仕事の準備をすることもできず、なかなか仕事が覚えられない私は全く自信を無くしてしまいました。

1年過ぎた頃、母が病気で倒れたことを機に、介護を理由に会社を辞めました。

その後、母を看取り、実家の家業を手伝うことになりました。

実家の仕事を手伝うのは、不本意でした。

私は小さい頃から、兄との折り合いが悪く、一緒に働きたくありませんでした。

でも、まだ病気をすることの多い小さい子がいた為、実家での融通のきく環境はメリットがあり、実家を手伝うことにしました。

給料はかつての半分になり、毎月、食費と雑費に消えていく家計の厳しい状態です。

旅行や突然の出費があると、貯金を崩している状態なので、しばらくしたら、よそで働かなくてはと思っています。

結婚後、家族と離れていました。

ある程度の距離があると家族と仲良く過ごせていましたが、また実家で過ごすことで、かつての機能不全家族を感じることになりました。

母はなくなりましたが、我が家は勝手な母のせいで、兄も私もちゃんとした人に育ちませんでした。

とはいえもう大人なので、今更母のせいにはできません。

年齢を重ねても、心は未成熟の大人になってしまいました。

今も、かつての家族の問題は、何も解決していません。

話のできない家族です。

心から分かり合ったことがなく、本音で話したことがなく、表面的なことしか言ってきませんでした。

私は、アダルトチルドレンで、発達障害グレーで、内向型の性格の人間になりました。

受け入れるものは受け入れ、変えれるものは変え、自分に合った生き方と、やりがいのある仕事を持ちたいです。

そして、2人のこどもが私のような不自由さや生きづらさを感じないようにしてあげたいです。

アンチエイジングや、こどもの能力を開花させるための教育、効率的な家事、毎日を楽しく過ごせる知恵を書いていきたいと思っています。

まだ、模索中の私ですが、今までの経験でよかったこと、うまくいったことをお話し、少しでも皆さんのお役に立ちたいと思っています。

拙い文章で恐縮ですが、お付き合いいただけると嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします(*^^*)

更新日:

Copyright© アラフィフ主婦の子育て自分育て日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.