長引く鼻水。病院に行かずに治したい。「チクナイン」を飲んでみた。

今年の夏は、熱中症が心配なぐらい暑いですよね!

日中、外に出る気になりません。

しかし、買い物やこどものお迎えなど用事があるので仕方なく出てます。

先週は、北海道に行ってました。(旅行の話はこれから書いていきます)

7月中旬あたりから、夜はずっとエアコンをかけているせいか、乾燥して喉が痛くなっていました。

旅行前に自力で喉を治したのですが、旅行中は鼻水がだらだら。

熱はなかったのですが、やたら水鼻がでていました。

3泊4日の旅行から帰宅。

風邪はおさまってきたはずなのに、鼻水だけがいつまでも続いていました。

そして、ぼーーっと、耳鳴りがしていました。

最初、飛行機で上手に耳抜きができなかったから、耳鳴りがしているのと思いましたが、今も断続的に続いていて。

そして、味覚が全くない状態です。

帰宅後、もんじゃを食べたのですが、カレーもんじゃなのに、辛さも塩味も全くわかりませんでした。

お好み焼きも全く味が感じられず、ソースをたっぷりかけてしまいました。

困るのが、食事を作るとき!

味見しても分からないので、目分量で(ほとんどカンで!)味付けしてます(汗)

他の症状としては、前屈すると、おでこのあたりがものすごく重くなり、鈍痛を感じます。

鼻水は臭みはない気がしますが(鼻が詰まってるから感じないだけかも)、何度かんでもドロっとした鼻水がでてきます。

実は冬にも同じ症状になっていて、もしや、蓄膿症かも・・・。

(ちなみに、蓄膿症は慢性的な副鼻腔炎のこと。単発なものは「副鼻腔炎」と呼びます。)

お金と時間がかかるので病院に行きたくなくて、市販薬で済まそうと思い、とりあえずチクナインを買ってきました。

買ったその夜飲んだのですが、なんだか治る気がしなくて。

というのも、飲んでも鼻水は相変わらず出るし(汗)

実は、これ、漢方なんですよね。

外箱の裏に、1ヶ月飲んで効かなかったら、病院に行きましょうと書いてある!

そこまで待てない!!!

そもそも、そんなに待ったら慢性的になってしまう!

慢性的になったら手術をしなくちゃいけない可能性も出てくるそうです(きゃー、怖い!)。

ググると、副鼻腔炎(蓄膿症は慢性的な副鼻腔炎)は、細菌が鼻についてしまうために起こるので、抗生剤を飲まなければ治らないとありました。

市販薬は病院に行くまでの気休め的なものだそうで、、、。

チクナイン、2,000円もしたのにー。

結局、昨日は耳鼻科に行ってきました。

この時期に耳鼻科に行く人はいないようで、待ち人は0人。

即行診てもらえました。

最初から、病院に行けばよかった。

抗生剤(レポフロキサシン錠)と、たん切れを良くする薬(カルボシステイン錠、プルスマリンA錠)、アレルギー症状をおさえる抗ヒスタミンの薬(エンペラシン配合錠)を処方されました。

耳鼻科の受診料が、2,000円に、薬代1,100円。

今回の副鼻腔炎で、5,100円も使ってしまいました。

あーっ、もったいない!!!

ちなみに、通常、風邪が治ってくると、水鼻は、粘りのある黄色い鼻水になっていきます。

これは細菌やウィルスが死んだ証拠なんですが、この粘りのある鼻水はごく短時間で終わるそうです。

長く続くのは副鼻腔炎になった証拠。

疲れがあると、副鼻腔炎になってしまうそうです。

はー、確かに!

旅行中、風邪を押して無理して活動し、心底疲れてました。

そりゃ、旅行中、寝てたらもったいないですもんね。

風邪になって1週間以上鼻水が出るようだったら、即行耳鼻科に行きましょう!

市販薬じゃ、効きません。

そもそも「チクナイン」を飲んで治った人って、何パーセントいるのでしょうか???

効かない薬を売ってるなんてヒドイ(涙)

CMの力って、すごいですね。

何も考えずに買ってしまいましたーー。

なんでも調べて行動しないとダメですね(反省)

コメント