大人用と同じイスで楽しくお食事できる!こども用のクッションを買いました。

こどもが育つ過程で必要なグッズって色々あると思うんですが、うちは、なるべく買わないようにしてまして。

買えば便利だなと思うのですが、本当に必要なのか分からないですよね。

実際、便利だと思って買ったのに、1、2度しか使わない無駄なものもありました。

初めてのこどもだと、本当に必要なのか分からなくて、つい買っちゃうものも多々ありました。

我が家は、子どもが小さいうちは、地べたの生活をしておりました。

昼寝する時は、こども布団をフローリングに直置きしてそこに寝かせてました。

食事は、ダイニングテーブルにハイチェアというスタイルにせず、ちゃぶ台で過ごしてました。

長男が1歳の時に今のマンションに引っ越してきて、何もないリビングに移動可能なちゃぶ台が一つだけでした。

物がない、なんとも贅沢な空間でした。

2歳違いの次男が産まれ、しばらくして、ダイニングテーブルを買おうということになり、椅子の生活が始まりました。

そして、その頃買ったのが、こちらのクッション。

これにこどもを座らせると、大人用のいすでも、こどもが無理なくごはんが食べれる高さになります。

やがて、ピアノを習いだし、ピアノの練習するときにも、このクッションを使うようになりました。

クッションがあれば、ピアノの鍵盤が高い位置にあっても、大丈夫です。

このクッションのいいところは、2つのクッションが重なっていて、高さが調節ができるところです。

四方にあるスナップをとると、二つのクッションに分けられます。

上の厚いタイプが高さ6センチ、下が3センチなので、合わせて9センチあります。

9センチ上がると、下の子が今身長100センチですが、テーブルもピアノもちょうどいい高さになります。

このクッションは一人で座って食べるようになった2歳くらいから使っているので、もう5年近く使っています。

今までも2個クッションはあって、ピアノを練習するときはダイニングのクッションを持ってきてたのですが、いちいち持ってくるのが面倒になり、今回、買い増しました。

クッションについている紐を背もたれにひっかければ、クッションが動いて外れることがなく便利です。紐の長さが調節できます。

長く使えるのに、2,000円と割りとお安いので、コスパはいいと思います。クッション自体のヘコミもなく、5年経っても買った当時のままの座り心地なので、品質的にも満足してます。

ハイチェアは、大型なので、使わなくなったあとに処分するのにも、お金がかかりますよね。その点、普通の大人のイスにこのクッションだと、捨てる時もお金がかからず経済的でおすすめです。

 

 

コメント